2018.12.23

こんなトンカツ初めて!お初天神「涿屋」でオトナのトンカツデート。

マッハ ライター:マッハ
店名涿屋(たくや)
電話番号06-6361-1110
住所大阪府大阪市北区曽根崎2-5-37
アクセス
最寄り駅北新地駅大阪駅(梅田駅) 徒歩10分
営業時間18:00~22:30ラストオーダー
定休日日曜
予算(2人)~15000円
お店の雰囲気オトナなお店ライターマッハ
どもども!マッハです!
口説きメシをご覧いただきありがとうございます!

僕はグルメブロガーとして様々なお店にいかせていただき、その中でも特に美味しくて、デートにおすすめなお店を紹介させていただいておりますー!

皆様のデートの参考にしていただければ幸いですー!!

お初天神「涿屋」

今日ご紹介するのはトンカツ屋さん。
もちろん普通のトンカツ屋さんではないです。

「豚活」という変わり種トンカツが食べられるお店「涿屋」さんです!!

トンカツってなんか家庭的な感じがしてデートっぽくないと思われる方もいらっしゃると思います。
僕も「トンカツ屋に行こうよ〜!」とデートに誘うと、女性からは「え?トンカツ?」みたいな返事が返ってくることありました!
でも、そういう方にこそ、こちらのお店に行っていただきたい!
一緒に行った方はみんな「こんなトンカツ食べたことない」と喜んでもらえるお店なのです〜!

個人的には全国トップクラスのトンカツが食べられるお店だと思っているのでここぞというときにオススメなお店です〜!
ちなみに「食べログ100名店 2018 トンカツ部門」にも選出されていたり、あの「世界の渡部」も絶賛している名店です。

食通の中ではファンが多く、基本的には常に満席のお店なので予約は必須。
ただ、混む時間帯は19時以降からなので18時のオープンしてすぐの時間なら滑り込みで入れる時もありますよ〜!

電話対応のスタッフさんはハキハキ元気な方。
一週間前に予約をして楽しみにしながら待ちました〜!

お店は東梅田駅から徒歩10分程度、お初天神横の路地の中にあります。
この路地、小さな店構えの飲食店が軒を連ねているエリアで、どのお店も美味しそう。
涿屋さんはその路地裏を注意して歩かないと通り過ぎてしまうほどひっそりと佇んでいるお店。
初めていく人はちょっとわかりくいので注意です〜!

今日のお相手

今日のお相手はひろちゃん
WEBサイトのイラストレーターの仕事をされていてインドア派。
大人し目な彼女はなかなか外食に行くことがないということだったので思い切ってお誘いしてみました〜!
ちなみに顔出しNG・・声が可愛くてメガネが似合う女性と言っておきましょう!!

今回はあんまり外食に行かない女性に対して「こんな美味しいお店があるの!」と喜んでもらうことで、「これからも色んなお店に行きましょうね〜」と仲を深めていく作戦なのです!

マッハ君、誘ってくれてありがとうございます!あんまり最近外食行くことがないから、ちょっと嬉しいです。
こちらこそありがとうございます!!まさかデートの誘いにのってもらえるなんて思わなかったんで感激です〜!
そんな私なんか・・!でもみんなに言ってそうですね?

それは・・否定はできません・・と心の声。

これがオトナのとんかつ屋さん

店内はカウンター10席のみ。
平日の18時50分ごろの到着ということで僕が一番のり。
カウンター席でのデートは料理が出来上がっていくのが感じられてワクワクするし、女性との距離も近いしドキドキするので個人的には大好きです!
ちなみに席代として600円かかります。

雰囲気はトンカツ屋さんというよりも小料理屋とかお寿司屋さんといった感じ。
落ち着いたオトナな雰囲気はデートだけでなく仕事関係でもオススメです!
この後に来たお客さんはデートのカップルと接待らしき3人組の男性など。

店員さんは大将と若い女性のお二人。
大将は物腰の柔らかい優しそうな方です。
大将は忙しそうに料理をされて、女性スタッフさんが料理の提供やオーダーなどテキパキとこなされています。

こ、こんなオトナなお店はじめてで緊張します・・!
ですよね!僕もです!

いいお店は緊張します!

値段書いてないのが怖い!!

まずは・・生ビールで・・カンパーイ!!
お酒の種類は豊富で、焼酎は米・麦・芋・黒糖・泡盛各種揃っています〜!
シャンパンやワインも別リストがあるくらいの品揃え!
でも・・メニューには全てお値段が書いていないので不明

もちろんお料理のメニューにもお値段書いてません・・!

メニューに値段が書いてない!大丈夫ですか!?
大丈夫ですよ!お任せください!
ホンマはめっちゃ不安です・・
お会計がこわーい!
最後にお会計載せていますので後ほどご確認ください!

お通し

お通しはちょっとずつツマむスタイル。

・キャベツサラダ
・小松菜のペーストにつけていただく一口サイズのお野菜(れんこん・芽キャベツ・インカのめざめ・きゅうり)
・イカスミパン
・豆乳のスープ
・むかごの煮付け
・切り干し大根のバルサミコ酢

オシャレなお通しですが、トンカツとキャベツサラダの組み合わせは定番なのです!!

ここでポイント:トンカツの付け合わせがキャベツである理由

トンカツの付け合わせといえば「キャベツ」、定番になっていますね。
この組み合わせには実はちゃんとした理由があるのです。
それはキャベツにはビタミンUという成分が、揚げ物による胸焼けを治してくれるからです。

ちなみに胃もたれに効く「キャベジン」はビタミンUから出来ています。
なるほどなるほど・・

何事にもちゃんと理由があるんですねー!

トマト活

お目当の豚活の前に、同じくらい人気メニューとなっているトマト活を注文!

ごろっと大きくて瑞々しいトマトを豪快に上げたトマト活なのです。
鮮やかなトマトの赤と黒い衣のコントラストが綺麗ですね〜!
この衣はイカスミパンを使ったパン粉で挙げているので黒いのです!!

サクサクの衣とジュワッと新鮮なトマトの食感がたまりませんー!
バルサミコ酢でさっぱりと仕上げられていてサラダ感覚でいただけます!

付け合わせのグリーンサラダにはアイスプラントが使われていますー!
珍しい!!

す、すごいですね!トマトがこんなに美味しくなるなんて・・!
感動です!
ですよね・・!本当奇跡的な美味さですよね!!

燻製盛り合わせ

こちらも人気メニューの豚の燻製盛り合わせ!
右からロース・肩ロース・バラの3種類の燻製ですー!

炙りたてで提供してもらえるのでアツアツ!香りもいいです〜!
お酒が進むやつなんです!!
3種類の部位の食べ比べも楽しいです!

豚肉の仕入れには相当こだわられてそうなのでどの部位も美味しいですが、特に肩ロースは脂がのってジューシー。
口の中に広がる豚の旨味が最高!

タスマニアマスタードとの相性もいい感じ。 ワインくださーい!

これがとんかつ?いや豚活!

そして!!
今回のメインディッシュ!!

トンカツならぬ「豚活」!!
(ぶたかつじゃないですよ)

トマト活と同じく、イカスミのパン粉を使った豚活は門外不出の製法で揚げられていてピンク色が鮮やか!

僕の仮説では低温調理でゆっくり火入れしてるからかなと思うのですが、大将は企業秘密とのこと・・!
すごい技術です・・!
こちらの豚活は最初はそのまま食べて、そのあとは3種類のお塩でいただくシステム。
お塩のお皿もオシャレ〜!

・ドイツのアラエアシーソルト
・ハワイアンシーソルト
・イタリアシーソルト

お塩にもまろやかな塩や濃いめの塩がったりと違いがわかって面白いです!

豚活はロース・ヒレ・トロの3種類があるんですが、この日はロースとヒレの2種類をいただきました!

ロース活

まずは、ピンク色が一番鮮やかなロースから!!

イカスミの衣は絶妙な薄さに仕上がっていて、脂の重さをほとんど感じさせません!
そしてしっとりと柔らかいロースから豚肉の甘みがじゅわっと広がります・・!
すだちを絞るとさっぱり仕上がって甘みが引き立つんです・・!

なんだこれは・・
これはもうトンカツではない!そんな次元のものではない!
これが・・「豚活」なんです!!

ヒレ活

お次はヒレ活

ヒレはとにかく柔らかい!
特有のボソッとした感じは微塵も感じさせない仕上がり・・!

これが独自の調理法で揚げられた豚活・・!
どうしたらこんな味になるんだ・・奇跡的な一皿です・・!

こんなに美味しいトンカツがあるなんて・・美味しいお店を教えてくれて本当にありがとうございます!!
いえいえ、これからいろんなお店誘いますね!!
は、はい!日程があえば・・!

うーん・・即答ではないのか・・
複雑・・

まあめげずに誘ってみよー!

お会計

お会計をお願いすると、デザートのリンゴのコンポートが出てきました!
上品な甘さ・・
デザートまで気を抜かないのはさすがですね!!

肝心のお会計ですが・・
二人で約15,000円!!
二人でお酒も3杯ずつくらい飲んで、結構お腹いっぱいになる量でした〜!
決して安い値段ではないですが、ほかのお店では決して食べられない「豚活」の味を堪能できることを考えたらお値打ちではないでしょうか?
お相手の女性も喜んでくれるはずの間違いないお店です!!

Tags

この記事を書いた人:マッハ

マッハ

大阪、京都を中心におすすめのランチ、ディナー、グルメなお店をご紹介していくブログ「マッハのオススメごはんですよ」の管理人。今日も美味いお店を求めてさまよいます!

  • 記事一覧
  • ブログ
  • 食べログ
  • インスタ
  • 女の子プロフィール:ひろちゃん

    WEBサイトのイラストレーター。
    インドア派で休日はもっぱら読書。
    なかなか外食に行くことがないが美味しいものを食べるのは好き。